うつでネガティブな時の対策は、自分のプラス面を引き出すこと

あなたが
うつで悩んでいるなら

今の精神状態は
とてもネガティブな
ものではありませんか?

うつの人の特徴として
ネガティブな意識が
強い場合が多いですが
それには理由があります。

■うつの人がネガティブになる仕組み

うつになった人の多くは
自分はダメだと思い込み

「自分の何がだめなところだろう」と
常に自問自答してしまいます。

そうすることで
自分のネガティブな
ところにばかり
意識の焦点が向きます。

意識を自分の中の
ネガティブな部分にばかり
向けていると

その影響で気分が
さらに落ち込みます。

■エネルギーの法則

人の心の仕組みとして
意識を向けた部分が
力を持つようになっています。

人の心にはポジティブな部分も
ネガティブな部分も
両方ありますが

ネガティブな部分に
意識を向ければ
心の中ではネガティブな
要素が強くなります。

この法則を「エネルギーの法則」
と言います。

うつ状態になり
自分のネガティブな
部分にばかり
焦点を合わせていると

自分の中のネガティブな部分が
どんどん力を強めてしまいます。

■意識の焦点のコントロール

ネガティブの悪循環を
変える事ができる
方法があります。

自分のプラスの部分に
意識を向けて
心の中のポジティブな部分に
力を付けさせることです。

意識の焦点を
自分の中のプラスの部分に
向けるようにコントロールします。

意識の焦点を
コントロールする方法は
NLPでは質問を使います。

プラスの部分に焦点を合わせる
質問を自分自身にしてみましょう。

「自分の人生で恵まれていることはなんだろうか?」
「自分が今の生活で楽しめることはなんだろうか?」
「自分の人生で誇れるところはなんだろうか?」
「自分の人生で感謝できることはなんだろうか?」

自分自身にこういった質問を
投げかけていると
意識はプラスの部分に
焦点を合わせていきます。

うつ状態であれば
これらの質問に対して
答えが出ない場合が多いですが
心配する必要はありません。

多くの人が
最初はうまくいきませんが
何回もやっているうちに
色々な答えが出てきます。

ぜひ自分のプラスを
引き出す質問を
試してください。

 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ專門カウンセラーの私のところには 憂鬱な気分が長い間続く方からの相談もよくあります。 …
  2. 私がうつ病だった時に 大きな転換点になった 考え方の変化についてお伝えします。 私は会社で…
  3. 坂本龍馬の写真
    鬱の改善に効果的な悩みにくい自分を作る方法の1つをお伝えします。 その方法は芯を持って生きるで…
  4. 我々のように 悩みやすい人 うつになる人の特徴として 目の前の問題にばかり 意識を向けて…
  5. サボテンの室内用
    今回はうつ病を治療しようとして かえって逆効果になることについてです。 よくやってしまう逆効…
  6. うつ病の日内変動 よくあるのが 朝が辛くて夕方に回復してくる というパターンです。 その…
ページ上部へ戻る