うつ治療に大事なネガティブな思い込みの崩し方

うつを治療したいという方のほぼ全員にあるのが
ネガティブな思い込みです。

私は何もできない
私はダメな人間だ
私は周りからダメな人間だと思われている
私は何もやる気にならない
私は元気になれるとは思えない

こんな思い込みを持って苦しんでいる人が多いです。

うつ治療の第一歩はこのネガティブな思い込みを崩すことから始まります。
それができればその時点でうつで苦しいという状態が
プラスマイナスゼロになりとても楽になります。

■ネガティブな思い込みの出来る理由

こんなことを書いている私自身も
ネガティブな思い込みのかたまりのようにして生きていました。

うつになった時にはそのネガティブな思い込みは頂点に達していました。

自分はうだつのあがらないダメな人間だ
自分の将来はお先真っ暗だ
自分が今までやってきた事は全て無駄だったなどです。

仕事がうまくいかなくてこう思い込むようになっていったのですが
その裏には本当の原因となる考え方がありました。
自分が勝手に思い込んでいた「〇〇しないといけない」という考え方です。

会社で上司に認められないといけない
会社で周りの人から評価されないといけない
つらい環境に耐えて仕事をもくもくとやっていかないといけない

こういった「〇〇すべき」「〇〇しないといけない」という考えがあり
そのためにできない自分を必要以上に責めて
その結果「自分はダメな人間だ」と思うようになってました。

こういう人は大勢いると思います。

■「〇〇すべき」「〇〇しないといけない」を疑ってみる

ネガティブな思い込みの根本には
「〇〇すべき」「〇〇しないといけない」 という考え方があります。

うつを治療する場合にはこれを弱めていけば
自分へのマイナスな思い込みもだんだんと解消されていきます。

本当に会社で上司から認められないといけないのか?
本当に会社で周りから評価されないといけないのか?
本当に今の会社で理不尽な環境に耐えてやっていくしかないのか?

こんな風に思い込んでいた「〇〇しないといけない」を疑ってみましょう。
自分をがんじがらめにしてきたものが実は単なる思い込みにすぎないと気づきます。

■まずは思い込みに気づくことが第一歩

仕事の事で悩んでいるなら
「本当に他の仕事や会社はないのか?」
「仕事よりも大事に思うべきことはないのか?」

人間関係の事で悩んでいるなら
「周りに評価されないといけないって本当なのか?」
「周りにいい顔をしないといけないって本当なのか?」

と考えてみて下さい。
何でもない思い込みで自分を追い詰めていただけだと気づけます。

この思い込みに気づくのがうつ治療の第一歩です。
 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつになると休養することがあります。 この際に意識の向け方について注意点があります。 仕事な…
  2. うつ病になるとネガティブになり だんだんと自信を失っていきます。 周りがみんな自分を…
  3. 自分の中に自分を苦しめる 「うつ」が発生することがあります。 そんな時は苦しいので 何とか…
  4. 今日は時間があったので、自転車でブラブラと出かけました。 自転車で15分くらいのわりと近くに知…
  5. 古い本と本棚
    今回は落ち込んでる時に おすすめ本のご紹介です。 タイトルは 「アルケミスト パウロ・コエ…
  6. 曇り空
    何か深い悩みがあって うつ病になることがあります。 毎日同じ事を悩み続けて 気づいたらうつ…
ページ上部へ戻る