うつ病の時におちいる偏った考え

私達の現状への認識は
とても偏っていると
知っていますか?

偏った考えになるのが
人の脳の習性とも言えます。

うつ病の時にこの習性は
少しやっかいな状態を
作ることがあります。

■よくないと思い込んだら

よくない状況にいると思い込むと
人は悪い部分ばかりを
気にするようになります。

周りはみんなひどい人ばかり
自分の境遇はとても悪いもの
自分はダメな人間

こんな事を考えるようになり
それが間違いのない事実だと
強く思い込むようになります。

あなたにも経験は
ないでしょうか?

うつ病だと特に
このような偏った考えに
はまりこみがちです。

■見落としが沢山ある

はまりこんだ時に
考えて欲しい事があります。

あなたの意識からは
隠されている部分が
あるかもしれないということです。

あなたの周りは本当に敵だけで
味方になる人は一人もいないのか?

あなたは本当に何ひとつ
褒められる点がない人間でしょうか?

真剣に探してみて
何かをみつけようとしたら
どうなるでしょうか。

味方や自分の長所として
何がみつかるのか
考えてみてください。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 樹海の中
    今回はうつ病になりやすい 思考法についての話です。 うつ病になりやすい考え方の クセの…
  2. 私はうつのカウンセリングを やっているんですが 同じカウンセリングでも 改善する人とそうで…
  3. 白い花
    サラリーマンの方のカウンセリングなどで 仕事がうまくいかなくなって、うつになったという人が 多く…
  4. うつのカウンセリングは薬による対応とちがい 根本原因からの改善を目指すことになります。 うつ…
  5. うつ病で悩んでいて息苦しい時というのがあります。 実際に息が苦しいような状態になる場合もありま…
  6. うつからの回復を すすめる方法として 夢や目標、つまり自分のゴールを 持つというのがあります。…
ページ上部へ戻る