うつ病治療のための正しい自己責任

紫の花多数

================
うつ病になったのは
自分の責任だと思っています
私がダメだからです
================

今回は
うつ病治療と自己責任についてです。

自己責任というのは
自分で自分に責任を持つということです。

うつ病になっている方は
間違った責任の感じ方をして
そのために治療にとって
逆効果になっている場合がよくあります。

つらい状況におちいったのは
あなたの責任ではありません
逆に治療するのは自分の責任でやった方が
効果が出る場合が多いです。

■現状を自分のせいだと思ってませんか?

今現在、いろんな問題に直面していたり
うつ病になってしまっているのを
自分のせいだと思っていませんか?

うつ状態になると
自分を責める気持ちになりがちなので
そんな風に思う人が大勢おられます。

ですが今の状態はあなたのせいではありません
悩みやすい性格だったとしても
自分が悪いわけでもありませんし
環境が悪いのならそれはなおさらです。

労働環境が悪かったり
人間関係が悪かったり
仕事でひどい扱いを受けたりすると
自分のせいのように感じてしまいます。

労働環境は会社側の問題ですし
人間関係についても
あなたが一方的に悪いという場合は
めったにありません。

ひどい扱いを受けた場合も
それは相手に問題があるでしょう。

自分が悪いような気持ちに
なぜかなってしまいますが
それはあなたが責任を感じる必要はないと
しっておいて下さい。

■変わることは自分の責任の方がいい

うつ病の人はうまくいってない現状は
自分の責任と自分をせめて
治すのは人に任せる傾向がありますが
実は逆です。

うつ病になったり
いろんな悩みを抱えてしまっているのは
自分のせいだと思わないでいいのですが
治療については逆の考え方のほうがうまくいきます。

つまり
「うつ病は自己責任で治療する」と
考えられると効果的ということです。

自分を変えるためには
自分の責任でと考えている方がいいからです。

うつ病を治療しようとすれば
悩みやすい考え方や生き方を変える事が必要ですが
これはつまり自分を変えていくということです。

自分を変えるのは自分なので
自己責任の方が変えやすいのです。

■正しい自己責任

うつ病を治療していくためには
現在の苦しい状況には責任を感じる必要はなく
自分を変える事には責任をもつというのが
成果が出やすい考え方です。

多くのうつで悩む人は
この逆をやりがちなので注意してください。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ピンクの花いちりん
    マザーテレサさんご存知ですか? 最近知ったマザーテレサさんの言葉に うつ病治療に活か…
  2. 道端の綺麗な花
    サラリーマンを長いことやっていると どうしても仕事の成果が 自分の価値のように感じませんか? …
  3. うつ病になって どんどんいろんなことに 自信がなくなる。 こんな経験はありませんか? …
  4. 個人的なことですが、 東京で仕事をしているので20代の頃は家族とはそんなに頻繁に会いませんでした。…
  5. うつ病の日内変動 よくあるのが 朝が辛くて夕方に回復してくる というパターンです。 その…
  6. うつ病の時にやってくる倦怠感。 何もやる気が起きなくてダルくて、朝起きることすらつらい。こんな…
ページ上部へ戻る