うつ病治療は焦らない事が大切

本日の本題は
うつ病を治療するには
焦らないことが大切という事に
ついてです。

これは心の病気全般に
共通して言える事です。

怪我や体の病気の時には
なんとか治療しようと
前向きに勉強して頑張るのも
いいかもしれません。

「治療の方法などを勉強して
この怪我を乗り越えていこう」
とかそんな感じです。

これは悪いことではありませんよね。

ただ、心の病気の場合
うつ病を頑張って乗り越えようと
勉強すればするほど
悪化する場合があります。

うつ病があなたの頭の中で
存在感をましてしまうからです。

存在感が増していくと
心の病気はあなたの中で
より強くなります。

それじゃあどうすればいいか
ということですが

ちょっと遠回りに思うかも
しれない対策が一番の近道です。

それは
うつ病のことではなく
別の事に意識を向ける事です。

そうすると
だんだんと回復していきます。

心の病気というのは
忘れ去って消えていくというのが
理想的なパターンなんです。

楽しいコトとか
生き甲斐が見つかって
それに夢中になっていると
いつの間にか消えていた

気づいたら
元気になってたとか
うつ病でなくなってたとか
そんなイメージです。

病気と真正面から向かい合って
乗り越えていくというのも
一つの方法です。

ただ、向かい合わずに
焦らずに放っておくというのも
ひとつのコツなんです。

心の病気には「沈静化」
これが効きます。

焦らないで放置しておく
意識を別のところに向けておく。

それだけでも悪化は防げます。

別の言い方をすると
うつ病博士みたいにはならない
という事です。

うつ病について
詳しくなっても肝心の治療には
あまり役に立ちません。

そんな事よりも
少しでも自分の心が癒えることを
探すほうが役に立ちます。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. あさぎり

    2014/7/18

    うつ病と不眠
    ================ 【質問】 うつ病の影響で不眠です。 そのため日中には集中力が…
  2. ブロッコリーのような画像
    うつ病が長引いて 嫌になっているかもしれませんね。 そんな時はいつまでも続く うんざりする…
  3. うつ病になって周りが気になる そんな事はありませんか? 会社の同僚とか 家族とか 友人と…
  4. うつ病の時にやってくる倦怠感。 何もやる気が起きなくてダルくて、朝起きることすらつらい。こんな…
  5. システムの業界には鬱の人が多いと言われています。 私は以前システムエンジニアとして約10年働いてい…
  6. 都会のビル群
    仕事をきちんとしなければならないのに だるくてできない。 その事が原因となってうつ病が悪…
ページ上部へ戻る