ゴールを設定すると悩みが誤差になる

うつからの回復を
すすめる方法として
夢や目標を持つと
いうのがあります。

夢や目標は
悩みを小さくする
効果があります。

何か目指すものができると
今まで悩んでいた
目の前の障害が
どうでもよくなるためです。

悩みが自分の中で
小さくなり
うつから回復させる
効果を発揮します。

ゴールを設定すると
悩みが誤差に
なります。

夢や目標を探るには
こんな質問を
自分にしてみるのが
いいかもしれません。

「もし
自分が何をやっても
失敗しないとしたら
何をしたいだろうか?」

定期的に自分に質問を
していると
何か出てくるかも
しれません。

 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 30本のひまわり
    看護師をやっていて 毎日嫌になる時におちいっている思考パターンとは どんなものだと思いますか? …
  2. 鬱の悩み改善に効果的な方法として 俯瞰と主観についてお伝えしていますが 今回は関連するNLPの入…
  3. 今回はうつ病と 「悩む」という行為の 関係についてお話します。 「悩む」というのは 何か…
  4. ストレスフルな猫
    今日は2月14日バレンタインでしたね。 うつとは関係ないですけど 私は学生時代バレンタインが…
  5. うつが長いと頭の中がその事でいっぱいになり 「自分=うつ」と思い込みがちです。 これはよくあ…
  6. 曇り空
    何か深い悩みがあって うつ病になることがあります。 毎日同じ事を悩み続けて 気づいたらうつ…
ページ上部へ戻る