仕事で悩んで不定愁訴で苦しんでいたころの話

坂道

私の経験ですがサラリーマン時代に不定愁訴が続き
仕事がどんどんできなくなりました。

やる気も集中力もでなくて
ミスも増えて仕事の進捗も遅れていきました。

それでも何とかしようと
自分はまだこの会社でやれるんだと
自分を奮い立たせていました。

仕事ができなくなるなんて
認めたくありませんでしたし
会社での立場がなくなる事を
とても恐れていました。

その頃考えていたことは
なんとか仕事をできるように戻って
会社で認められるようになって
昇進したいとかそんなことでした。

それが自分にとっては
人生を決定するようなものに感じていましたし
何よりも重要なものだと
思い込んでいました。

今から思うと
100人くらいの小さな会社での
自分の評価や立場のことを
なんであんなに大きな問題だと信じて疑わなかったのか。

どうして人生がかかっているかのように
感じていたのか
よく思い出せないくらいです。

自分が「やらなければならない」と
強く思い込んでいるものは
本当に自分にとって大事なのか?

そう思えるようになると
不定愁訴もどんどん改善しましたし
苦しくなくなってきました。

勤めていた当時の会社以外にもいくらでも
生きる道があること。

自分が悩んでいることが
人生全体で見れば
小さなことでしかなかったこと。

私の場合は
この2点に気づけたことが
大きかったと思います。

どうしても悩んでいると
目の前の問題が
人生のかかった重大ごとのように
感じてしまいます。

悩んでいると視野がせまくなるので
多くの人がそうなりますし
しょうがないことでもあります。

ただ、そんな場合は少し視野を広げて
今悩んでいる問題は
人生においてそこまで重大かを
考えなおしてみてください。

それだけで
不定愁訴の原因がなくなって
楽になることもあります。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 個人的なことですが、 東京で仕事をしているので20代の頃は家族とはそんなに頻繁に会いませんでした。…
  2. 本棚と多数の本
    オススメのうつ病教材のご紹介 うつ病を自分で自宅でなんとかしたいそんな方もおられると思います。 …
  3. 木漏れ日の緑
    あなたがもし 深く悩んでいたり今現在うつ状態であれば 前向きに考えるのなんて無理だと思ってい…
  4. うつ病の知識が豊富なのに いっこうに改善しない そんな人が時々います。 いろんな治…
  5. うつ病の症状として眠気がひどいというものがあります。 実際になってみると生活に支障がでるやっか…
  6. 今回はうつ病と 「悩む」という行為の 関係についてお話します。 「悩む」というのは 何か…
ページ上部へ戻る