嫌な未来ばかりをイメージしているなら

今回はイメージについてのお話です。

イメージつまり
考えていることです。

あなたは自分の将来について
どんな事を考えていますか?

もしうつ病で
悩んでいるのであれば
嫌なイメージばかりを
考えている可能性が高いと思います。

ただ、これが習慣になると
あまりよくありません。

将来のイメージというのは
単なる想像にすぎません。

ただ、単なる想像に
すぎないのですが
私達の脳や体は
想像と現実の区別がつきません。

そのために
実際にその嫌な未来が
実現したかのような感情を
感じてしまいます。

イメージしただけで
体や脳が反応してしまう
誰もが経験したことがあると
思います。

これをネガティブな
未来のイメージでやってしまうと
不必要に不快な気持ちになる
ということになります。

実際に実現してもいないことで
実現したのと同じような
嫌な感情を感じる。

これは考えてみると
もったいない
馬鹿げたことのように
思えませんか?

嫌なイメージが実現すれば
不快な気持ちを感じるのは
しょうがないかもしれません。

ですが実現しないのに
不快な気持ちを感じないと
いけないというのは
おかしな話です。

ただ、このおかしなことを
悩んでいる状態では
よくやってしまいます。

イメージだけで
必要もない嫌な気持ちを
自分に与えているのです。

余計にうつ状態も
悪化してしまいます。

では、
こんな状態から抜けるには
どうすればいいでしょうか?

答えは同じく
イメージにあります。

実現していない
嫌な未来をイメージすると
実現したのと同じような
不快な感情を味わうことになります。

その逆に
いい未来をイメージすると
実現したのと同じような
心地よい感情を味わうことになります。

つまり
実現していなくとも
いい未来をイメージすれば
いいだけです。

それだけでも
私達の脳や体は
反応してくれます。

そしてこの
心地よい感情を味わうというのは
うつ病の治療にとって
とても効果的です。

「いい未来なんて現実じゃないし」
と思うかもしれませんが
あなたが普段から想像している
悪い未来も現実ではありません。

同じ現実でない未来をイメージするなら
うつ病改善につながる
そんな想像をしてみる事を
おすすめします。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 頑張ろうと思うができない、 やる気がでないという時には、 考えてもできない部分を変化させる心理学…
  2. あじさい2本の画像
    ================ うつ病が早く治る人と 治らない人の差は何でしょうか? ===…
  3. 木々と続く道
    ================ うつ病が何度も再発します どうすればいいでしょうか? ===…
  4. 鬱で悩んでいたり、鬱になるほどの悩みがある人は 悩みが自分の全てだと思ってしまう傾向があります。 …
  5. うつ病になると 将来がとても不安になります。 あなたはどうでしょうか? 仕事も人間関係…
  6. 仮面うつ病というのは その名前から仮病のようなものだと 誤解されやすいところがあります。 …
ページ上部へ戻る