悩みを軽減する毎朝の習慣

うつになるような悩みがあると
多くの場合その悩みにばかり意識を向けてしまいがちです。

私も仕事の事で悩み、うつになった時は
「もっとリーダーシップを積極的にとっていれば」
「上司ともっと仲良くしてたら」
「自分の部下が、別の人間だったらうまくいったのに」
「あの時のミスがなければ」
などを延々と考えてしまっていました。

今から考えるとまったく無駄なことをしていたなと思います。
『悩みにいくら意識を向けても、何も得られない』のです。
かといって意識の切り替えは難しい、
そんな時に使えるNLPの意識を切り替える方法を1つご紹介します。

「モーニングクエスチョン」といいます。

方法は簡単です。
自分自身にプラスの質問を投げかけるのです。

「今、私の人生で何が幸せだろうか?」
「今、私は何に感謝できるだろうか?」

歯を磨いている時や、起きた時などいつでもいいですが
習慣にすることが大切です。

自分自身に質問を投げかけることで、
普通ではコントロールが難しい意識の向け先を変える事ができます。

1度や2度やるだけではなく、習慣にして毎日やることが大事です。
見つけるプラスの側面は小さな事でもいいというのがコツです。
試してみてください。

 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 町並みの画像
    ================ 【質問】 うつ病で毎日気持ちが沈んでいて 仕事もだるくて…
  2. 私がうつ病だった時に 大きな転換点になった 考え方の変化についてお伝えします。 私は会社で…
  3. うつ專門のカウンセラーとして日々カウンセリングをしています。 カウンセリングを行なっていく…
  4. 紫の花多数
    ================ うつ病になったのは 自分の責任だと思っています 私がダメだか…
  5. リス
    眠れないというのは うつ病の症状のひとつとして いろんな人が経験しています。 多くの人…
  6. システムの業界には鬱の人が多いと言われています。 私は以前システムエンジニアとして約10年働いてい…
ページ上部へ戻る