憂鬱な気分が続いた時の対策

うつ專門カウンセラーの私のところには
憂鬱な気分が長い間続く方からの相談もよくあります。

今回はそんな場合の対策についてです。

■憂鬱な気分が続く時とは?

私は昨日、嫌な事があって1日の大半が憂鬱な気分でした。

起こってしまった嫌な出来事の事を何度も考えて
嫌な気分で過ごしていました。

いくら考えても嫌な出来事が変わるわけもなく
ただ、憂鬱な気分になるだけでした。

ですがよく考えてみると
良い事もいくつか同じ日に起こっていました。

良さそうな本が見つかったり、仕事で手応えを感じたり
初めて入った職場の近くのお店が
結構おいしかったりといった事などです。

いいこともいくつかあったのに嫌な出来事ひとつが
私の心の大部分を占めていて憂鬱な気分が続いていました。

つまり憂鬱な気分が続く状態とは
自分に起こったネガティブな事に
焦点を当てている状態が続いているという事です。

■良い気分を引き起こすものに意識を向ける方法

ネガティブな事に意識を向ければ憂鬱な状態が続きます。

そんな時は楽しくなるような事に意識を向けて
自分の感情をコントロールするのが基本です。

ですが、憂鬱な気分が続いていたら
楽しくなるようなものに意識を向けようという気にも
なかなかなれません。

そんな時にはまず姿勢から変えてみます。

人の心と身体はつながっているので、気持ちの切り替えが難しければ
身体から変えてみて気持ちをコントロールすると簡単です。

やり方はこんな感じです
・背筋をのばしてまっすぐ立つ。
・肩を後ろへ回し胸を開く。
・少し上を見る。
・少し微笑む。
・そして、みぞおちの少し上あたりを、少し上に引き上げるようにします。

この姿勢で家の周りをぶらぶら散歩しました。

散歩しながら楽しくなりそうな事を色々考えました。
「家に帰ったら今日手に入れた本を読んでみよう」
「今日たまたま入った店は結構うまかったな」
「最近仕事の調子が良くなってきたな」

1時間もぶらぶらして家につくことには良い気分になっていました。

身体から気分をコントロールしてみる、
その上でさらに前向きな事を考えてみる。

憂鬱な気分が続いた時にぜひ試してみて下さい。

 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 少し暖かくなったと思っていたら 近所で桜の花が咲いていました。 家の近くの公園…
  2. あなたが うつで悩んでいるなら 今の精神状態は とてもネガティブな ものではありませ…
  3. うつで悩んでいて 元気になりたいと思っても そんな気持ちにはどうしてもなれない という経験はあ…
  4. 今回は うつが悪化しやすい習慣について お伝えしたいと思います。 うつが悪化しやすいのは …
  5. 道端の綺麗な花
    サラリーマンを長いことやっていると どうしても仕事の成果が 自分の価値のように感じませんか? …
  6. うつ病になると 自分の中から活力がなくなります。 仕事へのやる気がなくなり 遊びや趣味もや…
ページ上部へ戻る