鬱になったからこそみえたもの

私には鬱病になったからこそ見えたものがあります。

昔の私は約10年間の会社員生活で
会社がすべてになっていました。
そこでの出世争いに敗れたり、パワハラにあったりして
鬱になるほど悩みました。

会社が自分の世界の全てのようになっていたので
逃げ場がありませんでした。

鬱を克服するためのカウンセリングの効果で
人生全体を俯瞰して客観視できるようになると
たいして大きくない問題で
悩み続けていたと気づきました。

なんて狭い世界に閉じこもって
悩み続けていたのかと驚きました。

その後は本当に大事なものを探し
それを優先して生きるようになりました。

「誇れる仕事をする」
「独立して生きる」
「人の役に立つ」
などです、

まだまだ十分できていませんが
自分の生きる指針になっています。
全て鬱を経験したからこそ得たもの、
見えたものです。

鬱になったという事は、
「鬱になったからこそ得られるもの」
に出会うチャンスでもあります。

鬱は心の病気なので
こういった意識でいると
鬱克服にも近づけます。

あなたも鬱になったからこそ
得られたものを探してみて下さい。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 悩んでいる人のよくある特徴として 過去の数日間を見て 自分をダメだと判断してしまう傾向があります…
  2. うつ病治療の間に どんな過ごし方をすれば改善を早め 逆にどうすれば悪化するか あなたは知ってい…
  3. 私がうつ病だった時に 大きな転換点になった 考え方の変化についてお伝えします。 私は会社で…
  4. 東京とスカイツリーの景色
    うつ病で悩んでいる時は 出口がないような気持ちになりませんか? 私はそんな気持ちでした。 …
  5. 草原と1本の木と雲
    うつ病を克服したければ 悩みを解決しようとしてはいけません。 私達は悩んでいると 「この問…
  6. 私はうつになった時にまず病院で改善しようとしましたが改善しませんでした。 薬の副作用もひど…
ページ上部へ戻る