鬱克服は元に戻ることではありません

鬱克服というと、
元の自分になるとイメージする人が多いと思いますが
それは少し違います。

鬱になる前の自分とは
少し違う自分になるという事が大切です。

この点が風邪などの他の病気や怪我などと違う点です
風邪や怪我は元に戻ればいいわけですが
鬱を同じように考えてはいけません。

鬱になる直前のあなたは
周りから押し付けられた義務や責任に押しつぶされていたかもしれません、
ネガティブにばかり考えていたかもしれません、
夢や目標といえるものを見失っていたかもしれません。

そういった状態に戻ったとしても
また鬱になる可能性が高い事が問題です。
鬱にならない自分になるということが
目指すべき方向性です。

「芯を持った自分」
「夢や目標を目指してる自分」
「悩みに埋没しにくい自分」
など、鬱克服のために目指すのはこういったあなたです。

「芯を持った自分」とは
周囲の環境に流されずに
「自分はこんな風に生きたい」
というアイデンティティを持っている自分です。

「夢や目標を目指してる自分」とは
自分なりの目標を持ち生き甲斐を感じて生きている
そんな状態ということです。

「悩みに埋没しにくい自分」とは
ネガティブな事よりもプラスの事に意識を向けるコツを習得して、
自分の状態をいい状態に保てる自分ということです。
常にいい状態でなくても構いません、
プラスの状態でいれる割合を増やしていければ効果が出ます。

1つ1つ自分のものにしていってください。
方向性が正しければ
鬱は克服できます。

 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 綺麗な海水浴所
    ゴールデンウィークですが いかがお過ごしでしょうか? 本日はうつ状態を体がおぼえてしまう …
  2. うつと脳の仕組みについてお伝えしたいと思います。 うつに関連した脳の仕組みを知っておくことで …
  3. 今回は私の考える 危ういうつ病治療についてです。 うつ病になると 病院に行き薬を飲んで …
  4. 塀の画像
    うつで会社を休職中の時はどうすればいいかと 相談を受けました。 一般的にはうつ病には休養が大…
  5. うつのカウンセリングは薬による対応とちがい 根本原因からの改善を目指すことになります。 うつ…
  6. 都会のビル群
    仕事をきちんとしなければならないのに だるくてできない。 その事が原因となってうつ病が悪…
ページ上部へ戻る