うつ病になったサラリーマンの仕事で苦手だったこと

道にいるきつね

今もうつ病で苦しんでいるサラリーマンの方が
大勢いらっしゃると思います。

私も以前はその一人でした。

毎日朝から夜遅くまで会社にいて
休みの日も仕事をしていました。

いかに会社から認めてもらうか
上司に評価してもらうかを
気にして仕事をしていました。

パワハラもひどい会社でした。

ストレスチェックのアンケートでは
いつも「危険です」との結果が出ていました。

■「どんな仕事やりたいの?」が苦手でした

そんなサラリーマン時代の私が
苦手にしていることのひとつが
1年に一回くらい人事の担当者から聞かれる
「どんな仕事やりたいの?」という質問でした。

これからの進路希望とか
そんな意味合いの面接で聞かれました。

なにをやりたいか聞かれても
普段から考えてなかったので
出てきませんでした。

「新しい技術を使ったシステム開発がしたいです」とか
あたりさわりのない事を言ってました。

答えが出てこないので
この質問は聞かれるのが嫌でした。

同僚の中には
これをすらすら答える人達もいて
自分とは随分違うなと思っていました。

すらすら答える人達の中には
やる気というか使命感のようなものを
持っている人達がいて
「立派な人達だなあ」と思っていました。

■うつ病克服のために真剣に考えました

そんな私も
うつ病になってそれを克服しようとした時に
自分が本当はどんなふうに生きたいのか
どんな仕事をしたいのかを真剣に考えました。

それが自分に活力を取り戻すためには
必要なことでした。

結果的には
カウンセラーという職業を選びました。

今は自営業ですし
どんな風に仕事をしていきたいか
これからのことも色々真剣に考えてます。

サラリーマン時代の私は
周りから認められることが
基準だったようです。

基準が自分ではなく
他人だったので
いまいちやる気も使命感も
感じていなかったんだと思います。

今では使命感を感じて仕事をしていた
同僚の気持ちもわかります。

■考えることから

うつ病になったということは
今の生き方や考え方を
見直すよいタイミングだと思います。

本当に自分はどう生きたいのか
真剣に考えるきっかけになると思います。

うつというのは
生き方や考え方を見なおして欲しいという
サインかもしれません。

苦しいので
悩みやうつ病の事ばかり
考えてしまうと思います。

ただ、本当にあなたを苦しみから
抜けださせてくれるのは
悩みの外にある何かです。

今まで探していなかった
楽しみや嬉しい事や生き甲斐を
探しだす時期にいるのではないでしょうか。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今回は死にたい気持ちを抑える方法についてです。 死にたい気持ちがあればそんな気持ちをなくしたい…
  2. 東京にオリンピックがきまりましたね。 「楽しみですね」と何人かから言われました。 ただ、…
  3. うつ病が治らないし 昔のようには働けない。 そんな場合には どうすればいいでしょうか。 …
  4. 今回は私の考える 危ういうつ病治療についてです。 うつ病になると 病院に行き薬を飲んで …
  5. うつ病になると 将来がとても不安になります。 あなたはどうでしょうか? 仕事も人間関係…
  6. 「うつ病で会社に行きたくない」 こんな悩みはありませんか? 自分をせめてしまって辛い 同僚…
ページ上部へ戻る