うつ病の時の悲観的でネガティブな予想は正確か?

夕日

「前向きにこれからの人生を考えて下さい」
とか言われると

「現実的には無理です」と思いませんか?

それは本当に現実なのか
ネガティブな予測にすぎないのか
どうでしょうか?

その予想が真実である
根拠がどれくらいあるかです。

■弱ってると悲観的になります

うつ病などで弱っていると
どうしても悲観的になります。

ネガティブが強くなった状態で
将来を予想してもいい未来を考える事は
難しいかもしれません。

前向きに考えにくくなるのがうつ病なので
しょうがありません。

どう考えてもいい方向にいくとは思えないと
感じるかもしれませんね。

漠然と目の前がふさがっているような
息苦しい感覚があるかもしれません。

悲観的な未来しか
ありえないと思ってしまうのも
しょうがないと思います。

うつの状態で
明るい未来はイメージしにくいものです。

■具体的な根拠

確実に実現すると感じる
暗い未来ですが
具体的な根拠はどれくらいあるでしょうか?

証拠となるものがどれだけあるのか
確かな予測ならいろんな証拠があるはずです。

探してみて
「良くない未来になると感じる」以外に
証拠と言えるものがあまりなければ
悲観的な予想は正確ではないのかもしれません。

うつ状態だから
前向きな予測ができないだけかもしれません。
実際にはいい未来が待っている可能性も
充分にあります。

暗い未来になるという事に
根拠がなければ
明るい未来の実現も可能性があります。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. コップ単体の画像
  2. 落ち込むハムスター
  3. 30本のひまわり
ページ上部へ戻る