うつ病改善時の注意点

一輪の紫の小さい花

今回はうつ病改善時の注意点です。

だんだんと調子が良くなってきて
「もしかしたらこのまま元気になれるかも」
と思うような状態。

この時期に一番の注意点は何だと思いますか?

答えはうつ病の改善は一進一退がよくある
という事です。

良くなっていく時には
順調に一直線に良くなるとはいかずに
しばらく良くなって
その後悪くなってと繰り返す場合があります。

うつ病を治すというのは
自分を変えていくということでもあります。

自分の長年のクセを変えるようなもの
筋トレで体を鍛えるようなもの
そんな風に言えます。

だから行きつ戻りつは当たり前のことなんです。

ちょっと悪化したタイミングで
すごく気にしてしまったり
「やっぱりダメだった」とあきらめてしまったら
元に戻ることになりかねないので注意が必要です。

■心の問題はリバウンドがよくあるとしっておく

心の問題はリバウンドというか
ぶり返しが少しはあるのが当たり前と
しっておくのがいいかと思います。

うつ病ではない他のテーマを扱っているカウンセラーも
「リバウンドはあって当然なので気にしないでください」と
よく言っています。

多くの人は改善が始まると
そのまま一直線で良くなると考えるので
自分の予想とのギャップに悩む場合があります。
注意して下さい。

■意識を向けるのは「どれだけ改善したか」

うつ病が改善したが、また調子が悪くなった人に
まずやって欲しいのは
まったく改善していなかった時と比べること
自分がどれだけ前進したか考えるという事です。

すごく調子が悪かった時と比べると
自分が前進しているのがわかります。

楽しいと思えることが増えた
体の調子が少し良くなった
眠れるようになった
前向きに考えることも出来るようになった
などです。

自分が一気に良くなると想像したイメージと比べると
できていない部分に目が行き落ち込みます。

まだここができてない
またこの症状が出てきた
またネガティブに考えてしまった
気分がいまいちすぐれない
などです。

うつ病が改善しつつある時は
この注意点を意識してみてください。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今回はイメージについてのお話です。 イメージつまり 考えていることです。 あなたは…
  2. 赤い花びらが沢山の花1りん
    うつ病の治療をカウンセリングで行う場合 短期療法であれば うまくいった場合には 1ヶ月から3ヶ…
  3. 毎日のように悩んでいたりすると やめたいのにネガティブな感情が止められない時はありませんか? …
  4. パワハラがうつ病の原因 こういう場合もよくあります。 そんな事にならないため あるいはその…
  5. 真面目な人がうつ病になりやすい 聞いたことがあるかもしれません。 この考え方は 完全にはた…
  6. お猿さん2匹
    体を使った重い気分のコントロール方法です。 重い気分から抜けられないのはつらい状況だと思うので …
ページ上部へ戻る