うつ病改善時の注意点

一輪の紫の小さい花

今回はうつ病改善時の注意点です。

だんだんと調子が良くなってきて
「もしかしたらこのまま元気になれるかも」
と思うような状態。

この時期に一番の注意点は何だと思いますか?

答えはうつ病の改善は一進一退がよくある
という事です。

良くなっていく時には
順調に一直線に良くなるとはいかずに
しばらく良くなって
その後悪くなってと繰り返す場合があります。

うつ病を治すというのは
自分を変えていくということでもあります。

自分の長年のクセを変えるようなもの
筋トレで体を鍛えるようなもの
そんな風に言えます。

だから行きつ戻りつは当たり前のことなんです。

ちょっと悪化したタイミングで
すごく気にしてしまったり
「やっぱりダメだった」とあきらめてしまったら
元に戻ることになりかねないので注意が必要です。

■心の問題はリバウンドがよくあるとしっておく

心の問題はリバウンドというか
ぶり返しが少しはあるのが当たり前と
しっておくのがいいかと思います。

うつ病ではない他のテーマを扱っているカウンセラーも
「リバウンドはあって当然なので気にしないでください」と
よく言っています。

多くの人は改善が始まると
そのまま一直線で良くなると考えるので
自分の予想とのギャップに悩む場合があります。
注意して下さい。

■意識を向けるのは「どれだけ改善したか」

うつ病が改善したが、また調子が悪くなった人に
まずやって欲しいのは
まったく改善していなかった時と比べること
自分がどれだけ前進したか考えるという事です。

すごく調子が悪かった時と比べると
自分が前進しているのがわかります。

楽しいと思えることが増えた
体の調子が少し良くなった
眠れるようになった
前向きに考えることも出来るようになった
などです。

自分が一気に良くなると想像したイメージと比べると
できていない部分に目が行き落ち込みます。

まだここができてない
またこの症状が出てきた
またネガティブに考えてしまった
気分がいまいちすぐれない
などです。

うつ病が改善しつつある時は
この注意点を意識してみてください。


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病になり苦しい時に知っておいてほしいことがあります。 知らず知らずのうちに苦しい状態をさら…
  2. 坂道
    私の経験ですがサラリーマン時代に不定愁訴が続き 仕事がどんどんできなくなりました。 やる…
  3. うつ病なのに誰にも相談できない そんなことはないでしょうか? 一人で抱えやすい 言いたいこ…
  4. 京都の実家に帰省するのですが、 その日は実家にいながら仕事の事で ぐるぐると頭のなかで悩んでまし…
  5. うつで悩んでいて 元気になりたいと思っても そんな気持ちにはどうしてもなれない という経験はあ…
  6. 鬱病になるという場合 生き方が自分を苦しめるものに なっている可能性があります。 よくある…
ページ上部へ戻る