悩みにくい自分を作る方法3

考える人の写真

今回は質問を使い鬱病克服にも効果的な
悩み憎い自分を作る方法を
今回もお伝えします。

自分の意識のフォーカスを
コントロールするです。

この方法を身につけると
アップダウンのある生活の
プラスの部分に
目を向けやすくなります。

NLPでは
人は自分自身に無意識の内に
何度も質問をしていると
いわれています。

その質問がプラスの部分を
引き出す質問なら
自分のプラスの面に
フォーカスできます。

マイナスの質問なら
ネガティブな面に
フォーカスが向きます。

例えば私は無意識に
「自分の改善すべき
ダメなところはどこだろうか?」
とよく考えていました。

前向きに聞こえますが、
常に自分のダメなところに
フォーカスを向ける習慣に
なっていました。

この質問を
「自分が今、誇れるところはどこだろうか?」
と変えました。

この質問をする事で自分の
プラスの面に
フォーカスを向けるように
心がけています。

質問の答えは小さな事でも
いいと思います。

フォーカスを
プラスに向ける事が
悩みにくい自分を
作る事になります。

まずは、
「自分が今、誇れるところはどこだろうか?」
と質問するクセを付けてみて下さい。

1日に何度も質問するのを
2,3週間続けると
習慣化して楽に
続けられるようになります。

まずはそこを目指してみて下さい。

 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病になると だれとも会いたくなくなり 人間関係が嫌になる。 そんな場合がよくあります。…
  2. 私はうつになった時にまず病院で改善しようとしましたが改善しませんでした。 薬の副作用もひど…
  3. 今回はシステムエンジニアが鬱になる原因の 2つ目についてです。 システムエンジニア以外の仕事をし…
  4. 道端の綺麗な花
    サラリーマンを長いことやっていると どうしても仕事の成果が 自分の価値のように感じませんか? …
  5. 私には鬱病になったからこそ見えたものがあります。 昔の私は約10年間の会社員生活で 会社がす…
  6. 私が鬱になってから今までを振り返ってみると、 鬱で苦しんでそのためにNLPなどの心理療法の習得…
ページ上部へ戻る