頭のなかでグルグル続く悩みを一旦止める方法

京都の実家に帰省するのですが、
その日は実家にいながら仕事の事で
ぐるぐると頭のなかで悩んでました。

そんな時に「散歩連れてっといて」と犬の散歩をたのまれました。
2匹のミニチュアダックスフンドなんですが、
犬の散歩とはいえ、なれない散歩なので大変でした。

2匹の犬は歩くペースが全然違いました。
車道にもよく飛び出そうとします。
近くを通る自転車にも注意しないといけません。

30分ほどで慣れない散歩を終えて
家に帰ると心地いい疲れがありました。
ぐるぐる頭のなかで悩んでいる状態ではなくなっていました。

なぜ犬の散歩をしただけで気持が楽になったかというと
それには当然理由があります。
人の脳の構造上、「頭のなかでぐるぐる悩むこと」と
「周りを見る、周囲の音を聞く」を同時にはできないからです。

つまり慣れない犬の散歩をしていると
周囲の状況を見る、周りの音を聞くという事に意識が向きますから
その状況では同時に頭のなかでぐるぐる悩む事はできなかったという事です。

周囲を観察する事と、頭のなかで悩むことは同時にはできません。
悩みばかりが湧いてくるという状況なら
何か五感を使う作業をしてみて下さい、
犬の散歩でも運動でも構いません。

その際は、五感に意識を向けるようにするのがコツです。
例えば一番簡単な方法では、
周りにある赤色のものを1分間探し続ける、
次の1分で別の色を探し続けるとしてもらっても構いません。

五感を使っている時間は
頭のなかでグルグル悩んでいる事が中断されますから
沸き上がってくるネガティブな感情を
一旦止めたいときには試してみて下さい。

 


【追記】
「病院に行っても改善しない・・」
「家から出て病院に通うのもつらい・・」


など、つらい状況から抜け出したいのにうまくいかない

そう悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方は自宅で取り組める改善法をやってください。

自分のペースで取り組んでいくことができます。

⇨自宅で取り組むうつ改善法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一匹のリス
    うつ病というのは 体験した人以外には理解されにくいものです。 そのため批判してくる人もいて …
  2. 坂本龍馬の写真
    鬱の改善に効果的な悩みにくい自分を作る方法の1つをお伝えします。 その方法は芯を持って生きるで…
  3. 今回は うつ病の治療をしている人の 家族がやるべきことです。 もしあなたのご家族が いま…
  4. 鬱克服というと、 元の自分になるとイメージする人が多いと思いますが それは少し違います。 …
  5. うつ病治療の助けになる薬や食品、なかなかいいものがないと思いませんか? もしそう感じているなら…
  6. 振り向く塀の上の猫
    まじめな人は うつ病になりやすいと言われていますが その原因はなんでしょうか? それは …
ページ上部へ戻る